リコピン タバコ

スポンサードリンク

タバコの害から身を守るリコピン

リコピン,タバコ,たばこ,煙草,効果,効能

トマトに含まれるリコピンが、タバコの害から守ってくれるってホントでしょうか?

 

喫煙者がかかる肺気腫(はいきしゅ)という病気に、トマトに含まれるリコピンが有効という実験結果があるのです。

 

まず肺気腫とはどんな病気かというと…。
肺の中の肺胞という小さな空気の部屋が壊れてしまい、大きな一つの部屋に空気がたまって膨れ上がる病気です。
普通に息が吸えない状態で、ずーっと息苦しいままになります。
なぜ、この病気になるかというと、その原因はほとんどタバコです。
喫煙者以外はめったにかかかりません。
タバコを吸う人の30%は肺気腫になると言われているのだそうです。
これは、吸う量に比例します。
1日に1箱以上吸う人は、程度の差こそあれ、ほとんど肺気腫になる覚悟が必要でしょう。
もちろん肺気腫にかかってしまったら、タバコはドクターストップ、内服薬、吸入薬などの内科的治療や、場合によっては肺を斬ってしまって小さくするという手術、最後の手段は肺移植になります。

 

そんな肺気腫に効果があるとされたのが、トマトに含まれるリコピンです。
リコピンの抗酸化作用が、肺気腫の予防に関係しているのではないか?
ということなのです。

 

抗酸化作用というのは、活性酸素の有害作用を弱める働きのことです。
活性酸素は紫外線や化学物質などの有害作用によって体内に発生して、細胞内のDNAを傷つけることによってガンを発生させます。
これを抑える物質を、抗酸化物質と呼びます。

 

リコピンの抗酸化作用は、なんとベータ・カロチンの約2倍、ビタミンEの100倍です!
ガンの他にも、動脈硬化が原因で起こる高血圧、脳卒中、心臓病などの生活習慣病の予防にもなります。
タバコを吸わない人も、積極的に摂りたい成分ですね。

 

肺気腫に有効というのも、これらの延長線上にあるわけで、十分納得がいきますね。
喫煙者と非喫煙者では、通常の血中リコピン濃度は同じですが、タバコを3本吸うと、その害を消すために血中リコピン濃度が40%も減少してしまうそうです。
ですから、喫煙者はその分リコピン摂取量を多くする必要があるという事になりますね。
効果を期待するには、トマトを1日2個、タバコを吸う人は3個以上食べましょう。


スポンサードリンク

タバコの害から身を守るリコピン関連ページ

リコピンの効果
リコピンの効果について説明しています。リコピンには強い抗酸化作用があるため、美容や健康にとても良い効果があります。
リコピンで生活習慣病予防
リコピンは生活習慣病を予防する効果があります。リコピンが入った食品を積極的に摂り、生活習慣病を予防しましょう。
ダイエット効果
リコピンには、ダイエット効果があります。これは抗酸化作用が脂肪細胞を抑制してくれる働きを持つためです。
アンチエイジング効果
リコピンは、強い抗酸化作用を持つためアンチエイジングには最適な栄養素です。リコピンで老化対策をしましょう!
血液サラサラ効果
リコピンの持つ抗酸化作用は、血液中にあるコレステロールを抑制する作用があります。この作用により血液をサラサラにする効果があります。
美肌効果
リコピンの抗酸化作用には美肌や美白効果があります。女性にはとても嬉しい栄養素ですね。
育毛効果
抜け毛や薄毛で悩んでいる人必見!リコピンには育毛効果があるんです。トマトなどリコピンが多く含まれている食品を積極的に摂りましょう。
EDにも効果的
悩める男性諸君必見!トマトに含まれるリコピンはEDにも効果的なんです。
リコピンでがん予防
リコピンの強力な抗酸化作用はがん予防にも効果があります。普段からリコピンを摂取してがんの予防をしましょう。。
リコピンで糖尿病予防
リコピンは糖尿病予防にも効果があります。リコピンの血液サラサラ効果が血糖値を下げるのです。

 
トップページ 基礎知識 効果と効能 摂取 食品