リコピン

スポンサードリンク

トマトが赤くなると医者が青くなる?

リコピン

普段健康に気をつけているという人でも、近年は生活習慣病にかかりやすくなっています。

 

体の中の免疫力が低下してしまって、色々な病気の引き金になってしまっているのですね。
こうした病気になってしまうのは、体に中で活性酸素がどんどん増えてしまうことに原因があります。

 

「トマトが赤くなると医者が青くなる」というように、
トマトには沢山の栄養素があり、中でもリコピンは健康効果抜群の栄養素!です。
リコピンは、活性酸素を減少させてくれる働きを持っているので、病気の原因となってしまう悪い成分をやっつけてくれます。
トマトが赤くなると医者が青くなる。というのは、本当にトマトのリコピンが健康効果抜群だという証拠です。

 

日本人に多い病気と言われているガンも、活性酸素の働きによって、細胞がガンになってしまうのですが、リコピンの持つ高い抗酸化作用によって、活性酸素が抑制されるので、ガンの発生率が下がる事がわかっています。

 

また、抗酸化作用は血液を綺麗にしてくれる働きもありますので、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞も予防する事が出来るのです。
これだけの健康効果抜群の栄養素は、リコピンのほかにはありません。
トマトは赤くなるほどリコピンが豊富になるので、トマトが赤くなると医者が青くなる。と言われているのですね。

 

リコピンの抗酸化作用は、全身に効果があるので、病気の予防だけでなく、お肌にも良い効果を与えてくれます。
リコピンは熱に強いので、トマトを使ったお料理でも摂取する事が出来るので、嬉しいですね。


スポンサードリンク

トマトが赤くなると医者が青くなる?関連ページ

リコピンとは
リコピンは高い抗酸化作用を持つため、アンチエイジングや健康効果に優れた栄養素です。リコピンで健康な生活を送りましょう。
リコピンの抗酸化作用
リコピンの抗酸化作用について説明しています。
リコピンとカロテノイド
リコピンはカロテノイドの一種です。カロテノイドの中でも強い抗酸化作用を持つのが、トマトに含まれているリコピンンです。
リコピンの構造
リコピンの構造について説明しています。摂取そのものとはあまり深く関係ありませんが、調理などの面で役立つ知識です。
リコピンの発見と歴史
現在、リコピンは美容や健康に対しての効果が高い栄養素として注目を浴びていますが、その歴史は思ったより浅く、約50年ほどです。
リコピンと加熱
リコピンの吸収率をアップさせるには、トマトを油で加熱させるのが一番です。
リコピン配合の化粧品
リコピン配合の化粧品はリコピンの持つ抗酸化作用により、お肌の美容と健康に対してとても効果があります。

 
トップページ 基礎知識 効果と効能 摂取 食品