リコピンの構造

スポンサードリンク

リコピンの構造

赤い色をしているトマトやすいか、ルビーグレープフルーツなどに含まれているリコピンは、8個のイソピレン単体という成分から出来ています。
リコピンは無害で、特に気になる香りなどもないために、様々なものの色付けとしても料理されています。

 

リコピンの構造は、8個のイソピレン単体から作られていますが、水素と炭素から作られているために、水には溶けません。
ですから、リコピンを配合したスキンケア商品などは、リコピンの成分が劣化してしまうことなく、お肌に浸透してくれるのです。

 

リコピンの構造は基本的にはカロテノイドと同じですから、ベータカロテンなどとも似たような働きを持っていますが、抗酸化作用が高く、他にも血行促進や生活習慣病を予防してくれる働きが高いのが特徴です。

 

リコピンの構造は水には溶けませんが、油と一緒だと吸収率が高まりますから、食事でリコピンを摂取したい場合には、トマトをオリーブオイルで炒める他に、ケチャップやトマトジュースには通常のトマトよりも沢山のリコピンが含まれていますから、調理の際に使うことで、手軽にリコピンの効果を感じる事が出来ます。

 

リコピンを摂取していれば、生活習慣病の予防になるだけでなく、抗酸化作用で活性酸素を抑制してくれるので、お肌や細胞が酸化してしまう事を防ぎ、老化防止やアンチエイジングにも繋がります。
リコピンの構造そのものは、摂取するときには深く関係しているわけではありませんが、知っておくと調理の際などにも役立ちますね。

スポンサードリンク

リコピンの構造関連ページ

リコピンとは
リコピンは高い抗酸化作用を持つため、アンチエイジングや健康効果に優れた栄養素です。リコピンで健康な生活を送りましょう。
トマトが赤くなると医者が青くなる?
トマトが赤くなると医者が青くなる?これは本当のことです。トマトが赤くなるほどリコピンが豊富になるのでトマトの健康効果が増すのです。
リコピンの抗酸化作用
リコピンの抗酸化作用について説明しています。
リコピンとカロテノイド
リコピンはカロテノイドの一種です。カロテノイドの中でも強い抗酸化作用を持つのが、トマトに含まれているリコピンンです。
リコピンの発見と歴史
現在、リコピンは美容や健康に対しての効果が高い栄養素として注目を浴びていますが、その歴史は思ったより浅く、約50年ほどです。
リコピンと加熱
リコピンの吸収率をアップさせるには、トマトを油で加熱させるのが一番です。
リコピン配合の化粧品
リコピン配合の化粧品はリコピンの持つ抗酸化作用により、お肌の美容と健康に対してとても効果があります。

 
トップページ 基礎知識 効果と効能 摂取 食品