食品のリコピン含有量

スポンサードリンク

食品のリコピン含有量

健康やアンチエイジングに効果があるリコピンは、トマトに沢山含有されていますが、トマト以外の食品にも含有されています。
色々な食品の含有量は、トマトやスイカ、ルビーのグレープフルーツに含まれている含有量は同じくらいです。
大きなトマトでも数ミリグラムしか含まれていません。
特にスイカなどは夏場に食べる事はありますが、他の季節には食べる事が余りありませんね。

 

食品に含まれているリコピンの含有量
  • トマト 3ミリグラム
  • ミニトマト 8,1ミリグラム
  • スイカ 3,2ミリグラム
  • グレープフルーツ 3,2ミリグラム
  • 柿 0,7ミリグラム

(それぞれ食べられる部分の100グラムに含まれている含有量です)

 

しかし、一日に摂取する事が望ましい、リコピンの量は15ミリグラムとなっているので、かなり沢山の量を食べないといけませんね。
ただ、トマトジュースだったら、1本ちょっとで一日の含有量を摂取する事が出来ますし、トマトケチャップの場合は大さじで4杯で済んでしまいます。

 

リコピンは、加熱しても大丈夫なので、色々な料理に使うことが出来ますので、毎日摂取する事も可能です。
リコピンの含有量を目安にして、お料理を考えてみるのも楽しいですね。

 

トマトジュースを使ってスープを作っても良いですし、夏場は凍らせて食べても良いですよ。効率よくリコピンを摂取して、美容と健康に役立てましょう。

 

リコピンはモデルや芸能人も摂取している人も多く、それだけ効果があるということが理解できます。

スポンサードリンク

食品のリコピン含有量関連ページ

リコピンの上手な摂り方
リコピンが健康にいいのはわかったけど、どうやって摂ればいいの?ここではそんな疑問にお答えしています。
リコピンの摂取量
リコピンはどのくらい摂れば良いのでしょうか?ここではリコピンの摂取量について説明しています。
サプリメントの含有量
サプリメントは一番効率良くリコピンを摂取剃る方法ですが、どのくらいリコピンが含まれているのか気になりますね。
過剰摂取と副作用
リコピンの過剰摂取や副作用が心配な人もいると思います。リコピンを過剰に取り過ぎると・・・
トマトジュースで簡単摂取!
リコピンの摂取にはトマトジュースが一番オススメです。時間がなくてもコンビニで一本買えば、1日分のリコピンが摂取できます。
トマトジュースのリコピン含有量
トマトジュースには一体どのくらいのリコピンが含まれているのでしょうか?実際に購入し、リコピン含有量を調べてみました。

 
トップページ 基礎知識 効果と効能 摂取 食品