リコピン 焼きトマト

スポンサードリンク

焼きトマトとリコピン

今、大人気の焼きトマトは、リコピンが手軽に摂れる料理のひとつです。
日本人にはあまり馴染みのない焼きトマトですが、英国では朝食メニューに欠かせない付け合わせとして親しまれています。
また最近ではファストフードのハンバーガーに、この焼きトマトが使われて話題となりました。

 

焼きトマトなどトマトを加熱した調理法はリコピンの含有量が増えるだけでなく、生食するよりもたくさんの量を食べられるというメリットもあります。
そのため、リコピンを多く摂取するという意味では、トマトシチューやパスタ、ミネストローネスープなどの食べ方が効率的といえるのです。

 

トマトに含まれているリコピンには、老化防止や生活習慣病防止に効果が期待できる抗酸化の働きがあります。
抗酸化とは体内に発生して細胞にダメージを与える活性酸素を減らす作用をいい、ガンや動脈硬化、脳梗塞などのリスクを低減させるものとして注目されているものです。
つまり、老化予防や生活習慣病の予防に、焼きトマトなどに含まれるリコピンが役立つというわけですね。

 

もうひとつ、焼きトマトには女性にとってうれしい働きがあります。
トマトに含まれるリコピンには、肌のシミやシワ、たるみなどの原因となる皮膚の老化を防ぐ作用があるのです。
焼きトマトは低カロリーであるだけでなく、身体の代謝を上げてダイエットをサポートする働きもあるといいます。
リコピン豊富で肌老化を防ぎ、さらにダイエットを応援してくれる焼きトマトは、まさに女性の味方ともいえる食べ物といえるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

焼きトマトとリコピン関連ページ

多く含む食品
リコピンを多く含む食品について説明hしています。トマト、柿、スイカなど赤い成分を持つものに多いですね。
トマトとリコピン
リコピンといえば代表的なものがトマトですよね。リコピンとトマト、切っても切れない関係があります。
スイカとリコピン
スイカにもリコピンは含まれています。スイカの赤い色もリコピンの成分によるものなんですね。
にんじんとリコピン
にんじんにもリコピンが含まれています。しかし、普段私達が慣れ親しんでいるオレンジ色のにんじんではなく、本紅金時という赤いにんじんにリコピンは含まれているのです。
柿とリコピン
柿にもリコピンが含まれています。トマトが苦手だという人は柿を食べてリコピンを摂るようにすると良いでしょう。
パプリカとリコピン
パプリカにもリコピンが含まれています。持ちろん赤いパプリカです。低カロリーですのでダイエッターにも嬉しい食材ですね。
グレープフルーツとリコピン
グレープフルーツにはビタミンCの他にもリコピンが含まれています。美容やアンチエイジング効果があるとても健康によいフルーツですね。
ローズヒップとリコピン
リコピンはローズヒップにも含まれています。ローズヒップにはリコピンを始めたくさんのビタミンやミネラルが含まれていますので、ダイエット中や妊娠中の方にもおすすめです。
ケチャップとリコピン
トマトが嫌いなお子さんでも、ナポリタンやオムライスに使うケチャップなら大好きですよね。ケチャップには生トマトよりもリコピンが多く含まれています。さらに吸収力も強いんです。
ミネストローネとリコピン
ミネストローネもトマトをたっぷり使いますのでリコピンを摂るには理想的な料理です。美味しくて野菜もたっぷりなので美容や健康にも良い食品として女性にも人気です。
イタリア料理とリコピン
イタリア料理はトマトを使った料理が多く、調理にオリーブオイルを使うことから、リコピンを効率よく摂取するにはオススメの料理です。
トマトパスタとリコピン
トマトパスタとは、ミートソースやナポリタンなどのトマトをソースに用いたパスタのことです。トマトパスタにもリコピンが豊富に含まれています。
ハヤシライスとリコピン
ハヤシライスにもリコピンは多く含まれています。子供も大好きなメニューの一つですね。
オムライスとリコピン
子供も大人も大好きな料理、それはオムライスです。オムライスにもリコピンが豊富に含まれています。大好きな料理が美容と健康に良いなんて、嬉しいですね。
トマト鍋とリコピン
トマト鍋は、手軽に作れてリコピンが豊富なため、注目されている料理の一つです。冷蔵庫の余り物などを利用してササッと簡単に作れます。
ピザとリコピン
ピザにはトマトソースが使われています。ですからピザにもリコピンが含まれているのです。トマトが苦手な人でもリコピンを美味しくいただけますね。
トマトシチューとリコピン
トマトシチューってご存知ですか?トマトジュースを用いた、美味しいシチューです。これからの寒い季節、温かい料理でリコピンを摂取しましょう。

 
トップページ 基礎知識 効果と効能 摂取 食品